子供がいる家庭は怪我に注意!

チャイルドロックをかけ忘れないようにする

子供がいる家庭にウォーターサーバーを導入するときは、チャイルドロックをかけ忘れないようにしましょう。チャイルドロックをかけ忘れてしまうと、熱いお湯で子供が火傷してしまう恐れもあるからです。ロック解除が高い位置にあるタイプなら、子供の手が届かないので怪我する心配もありません。ロック解除が低い位置にあるものでも、プロテクターやカギでロックできるタイプなら安心です。ロックは簡易的なものより、子供が触っても解除しにくいタイプを選ぶと良いでしょう。迷って決められないときは、お試しキャンペーンで使い勝手を確かめてみるのもおすすめです。子供がいる家庭でも、ちゃんと注意して使えば導入のデメリットは発生しません。

子供の目線で考えて対策する

子供がいる家庭でウォーターサーバーを安全に使うためには、子供の目線で考えて対策することも大事です。小さな子供は好奇心旺盛なので、手が届くものにいたずらしたくなるのは当たり前かもしれません。とはいえ、子供の手が届かない場所にウォーターサーバーを設置するのは意外と難しいものです。幼稚園くらいの子供なら、熱いお湯が出ることを教えればいたずらしてしまう可能性も少なくなります。正しい使い方を覚えることで子供の自立心も養えるはずです。子供が一人で使えるようになれば、怪我のリスクが少なくなりウォーターサーバーの利便性も上がります。慣れてきたらボトルの交換など、メンテナンス方法について教えていくのも良いでしょう。

水のサーバーは大きく分けて、卓上型と床置型の2種類があります。サーバーを置くスペースによって使い分けます。