すぐに美味しい冷水や温水が飲める!

ウォーターサーバーは温度調節が可能

ウォーターサーバーを導入するメリットとして温度調節機能があることはかなり重要と言えるでしょう。ウォーターサーバーのボトルの中に入っている水は常温ですが、サーバーから出てくる水は冷水にも温水にもできるのです。大抵のウォーターサーバーでは冷水と温水を両方出すことができます。設定温度も一度刻みで細かく決められるものが多く、冷蔵庫よりもやや冷たい程度から沸騰寸前の熱湯まで作り出すことが可能です。温度範囲も機種によって違うので、どのような範囲で使いたいかに応じて適切なウォーターサーバーを選ぶことが必要になります。新しい機種ならほとんどが幅広い温度に対応しているため、温度制御範囲はあまり気にかけなくても大丈夫になってきています。

おいしい水を適温で飲める

ウォーターサーバーを使うといつでもおいしい水を適温で飲めるようになります。熱いお湯が欲しいというときにやかんや電気ポットで沸かしていると何分もかかりますが、ウォーターサーバーなら温度設定をしてお湯を出すだけなので、1分もかかりません。冷たい水が飲みたいというときには冷蔵庫に入れてしばらく待たなければならないでしょう。ウォーターサーバーを使うとワンタッチで冷たい水を飲めます。特に優れているのが温度を細かく設定できることで、私には沸騰したお湯は熱すぎるという人には80度のお湯を出すことも可能です。逆に冷蔵庫の水は冷た過ぎるという人にも10度の水を出すことができます。いつでも気軽に適温の水を手に入れられるのはウォーターサーバーのメリットです。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクを作るのに活用することができます。70度以上のお湯がいつでも使えるためすぐにミルクを作ることができ、衛生的で安全なのも魅力的です。